いま再びMLMが注目されるワケ

❖ あなたの将来の生活は本当に大丈夫?

最近、MLM(マルチレベルマーケティング)が再注目されています。

なぜでしょうか。

それは、行先不透明な時代に生きる我々が、自らの身を守る手段を真剣に考え始めたからです。

ところでマルチレベルマーケティングというと、かつて流行した悪徳マルチ商法をイメージする方が多いと思いますが、法規制によって現代ではすでに厳しく規制されていますので、あのころの怪しいケースはほとんどなくなっています。

そこで、将来の生活を守る手段として、MLMを見直す50代が増えているのだそうです。

日本全国、貧困老齢者だらけになる前に対策が必要ですね。

❖ 日本の高齢化の現状

2016年の総務省データベースによると、2016年末時点での100歳以上のお年寄りは全国で3.6万人以上だったそうです。

2018年にはこれが6.5万人となる予測です。

そして、すでに日本人の4人に1人が65歳以上となっています。

あなたが65歳、つまり定年退職して年金生活に入るころ、日本は本当に年金を支給できるのでしょうか?

❖ きわめて深刻な将来の高齢化リスク

このまま何もしないで年金受給者になったとしましょう。

おそらく多くの人は将来に備えた預貯金をされているかとは思いますが、どれくらいあれば足りるのでしょうか?

金融広報中央委員会が毎年行っている「家計の金融行動に関する世論調査(平成28年)」によると、65歳以上が回答した必要生活費は月額30万円と出ています。

一方で、モデル世帯における公的年金の受給額は約22万円、毎月8万円の赤字になる計算です。

つまり、毎月8万円を貯金を切り崩して補てんする生活になるのです。

65歳で退職し、85歳まで生きるとしたら20年間ありますので、

単純計算すれば約2000万円は最低必要でしょう。

厚生年金はその人の年収によってまちまちですが、期待するほど受け取れないのが現状です。

一度、こちらのシミュレーションサイトで、自分がいくら受け取れるか計算してみましょう。

おそらく、愕然としてしまうことでしょう。

しかも、独立した子供が結婚すれば、お祝いや新居購入の支援、孫が生まれたらそのお祝いなど、まだまだお金が必要です。

年金と貯金だけで本当に大丈夫なのでしょうか。


❖ もう一つの年金があると安心ですね

年金だけではなく、もう一つの収入があると安心できます。

でも、年金受給者になってから働くのは年齢的に厳しいでしょう。

なので、今からその準備をしておく必要があると思います。

そう、バリバリ働ける、でも定年までそんなに時間がない50代だからこそ、将来に備えた準備が今すぐ必要なのです。

理想的なのは、不労所得が得られるように準備を進めることです。

不労所得とは、労働しなくとも得られる収入のことです。

夢のような話ですが、そのためには事前に準備が必要になります。

たとえば、作家は本を執筆し、これが出版されて売れると印税収入が入ります。

執筆~出版という準備を経て、あとは労働しなくとも、その本が売れ続ける限り印税収入が入ってくるのです。

これも不労所得の一種ですね。

でも、一般の人が不労所得を得る方法は限られてきます。

不動産投資(家賃収入を期待)と言う手もありますが、購入のためにはまとまった資金が必要ですし、そもそも収益率の高い物件の見極めが大変です。

結局、素人の一般人には敷居が高いのです。


❖ ではどうしたら不労所得が得られるか?

おそらく、一般人が不労所得を得る方法の一つはMLMでしょう。

それも、現代ではインターネットが使えますので、いま本業を持っている方にも、主婦の方にも、パソコンとインターネットの基礎知識があれば可能です。

とても便利な時代になりました。

これなら、会社員の副業としても、主婦が家事子育ての合間を使っても、十分可能です。

でも、そんなに残り時間はありません。

始めるなら、早いに越したことはないでしょう。

切羽詰まる前に適切な判断をして行動に移し、成果を得るまで努力する、というのはどんなことにも必要です。

でも、まずは正しく理解して、早く行動に移すのが賢明でしょうね。

限定公開!あなたの将来を守る近代的なMLMとは?

Choice

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする