50代の将来は不労所得を狙え!

50代サラリーマン

❖ 50代の今こそ不労所得を考える時

50代になると、多くのサラリーマンは給料がピークに達します。

一方で、子供が成長し、大学などに費用がかかるころでもあります。

「今の収入があれば大丈夫」

「老後のことはそのうち考えよう」

「年金ももらえるし何とかなるだろう」

ちょっと待ってください。

少子高齢化社会の将来リスクを忘れてはいませんか?

もしあなたが、会社からの給料以外の収入が十分にあるなら、この記事は読み飛ばして頂いても良いでしょう。

しかし、まずは日本の実態を知ることはとても重要だと思います。

❖ 日本国民の年齢分布の実態

総務省による2016年の統計データによると、65歳以上の日本国民は3,199万人で、4人に1人が高齢者です。

一方で労働人口はというと6,683万人、2.16人で1人の65歳以上を支えている計算になります(2016年12月時点)。

そう、あなたが65歳になるころには、少子高齢化の傾向がますます加速し、1人の年金を2人以下の労働者が支える事態になる可能性があるのです。

「そのころは受給者の身だから、悪いけど若人に頑張ってもらおう」

いえいえ、支える人が減るということは、年金予算の確保がますます厳しくなるということです。

つまり、現在ほど年金をもらえない可能性が高いのです。

ちなみに、自分が受け取れる年金額をチェックしたことはありますか?

こちらのサイトで今すぐシミュレーションしてください!

あまりの少なさに、愕然とするでしょう。

今の生活レベルはとても維持できません。大幅減収です。


❖ 貧困高齢者にならないためには?

その方法は、一つしかありません。

それは、年金以外の収入源を確保することです。

多くの人が取り組んでいる(と、思われる)回避手段はいくつかあるでしょう。

  • 企業年金への拠出(確定拠出金年金を含む)
  • 有価証券や外貨への投資
  • 不動産物件の購入
  • 預貯金(定年後の切り崩しのため)

しかし、これらによって得られる収入はかなり限られます。

まったく無いよりははるかに良いですが、はたして十分でしょうか。

それに、ほとんどの方が取り組んでいると思われる預貯金は、無くなってしまえばおしまいです。

かつてのように、利息による収入はほぼ期待できません。

実は、今の50代は、このような将来リスクにさらされているのです。

つまり、これらの方法だけではまったくもって不十分です。

これまでの常識論は明らかに間違っているのです。


❖ 年金以外にぜひ欲しい「不労所得」

上記の対策によって得られる収入は「不労所得」と言われる、労働しなくても得られる所得です。

収入を得る権利を有することから「権利的収入」とも言われます。

しかし、生活に十分な所得水準にするには、これまでの常識的な方法だけでは明らかに生活は苦しくなります。

まして、子供が成長して結婚したら、新居を構えるための支援や、孫ができたらそのお祝いもしてあげたいでしょう。

自分たちの生活以外にも、いろいろな出費があるものです。

もはや年金とこれらのわずかな収入だけではムリでしょう。

1日も早く手を打つことを強くお勧めします。

❖ 年金以外の不労所得を得たい方はこちら

愛する家族のために

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする