資格なし主婦が在宅で成功!

資格なんて不要!在宅でも成功出来ちゃいます

主婦の在宅ワークに資格なんていりません

収入に繋げられる資格を持っていれば、主婦が在宅でも稼げるチャンスは確かに増えるかもしれませんね。

でも、そんな主婦ってどれだけいるんでしょうか?

そもそも、仕事に役立つ多くの資格は、在宅ワークを前提にはしていません。

それよりも経験や個性、得意分野を生かすほうが、在宅ワークで稼ぐに向いていると思いませんか?

そんな、特に資格を持たない主婦の在宅ワークの探し方と、デメリットやその対策について考えてみましょう。

❖ 在宅ワークの探し方のコツ3つ

◆ コネを使う  

ちょっと待った。

これで仕事が見つかるくらいなら苦労しないわ!

と、ツッコミをされそうですが、実はこれがいちばん信頼できる仕事の探し方も知れませんよ。

つまり、友達や知り合いに声をかけてみるということです。

ふだん会ってるママ友でも、高校時代の同級生でも、聞ける人にはとりあえず聞いてみましょう。

合わない内容だと思ったら、見送ればいいんですから。

ちなみに、在宅で稼げる人は前職の取引先とか前職の会社自体からお仕事をもらって、というケースが非常に多いです。

それは、企業側も在宅で働く人に仕事を回した場合のリスクを負わなくてはいけないので、そのリスクを最小限にするために、人となりや能力が分かっている人に回したいという事です。

私の友人にも実際にそういう人がいますのでよくわかります。

なので、まず知り合いや元同僚に声をかけてみるとか、可能なら以前働いていた会社の人事に連絡して聞いてみるのも手です。

ダメ元で発信し続けましょう!

そして、可能ならSNSで自分が在宅ワークを探していることを情報発信するという手もあります。

思わぬところから仕事が舞い込むことだって十分あるのですよ。

アンテナは常に張っておくことです!

◆ インターネットサイトから探す  

最近もっともポピュラーな探し方でしょう。

有名どころですと「クラウドワークス」「バイトル」「アン」あたりでしょうか。主婦向けの「しゅふジョブパート」なんてのもあります。

バイトル等はモニターやアンケート等の安価なワークがメインですが、たまに掘り出し物もあるので、チェックしておいて損はないという感じです。

これらのサイトには、実にたくさんの職種が載っています。

意外と「あれ、私のこの経験や知識が行かせるな」って感じるものがきっと見つかるはずです。

新しい経験を積むことで、新しい自分を発見できるかもしれません。

デメリットは、あまりに莫大な仕事が掲載されているため、すべてに目を通すことが難しい事でしょう。

なので、検索機能を上手に使ってある程度対象を絞り、じっくりと仕事内容を理解するようにしましょうね。

◆ 自分から営業をしかける  

「いつまでも安価な仕事ばかりしたくない!」
「好きな事を仕事にできたほうがいい!」

こんなあなたには、思い切って好きな事・できる事をビジネスとして展開することを考えても良いと思います。

主婦はある意味、時間の自由がききます。

家事・育児と忙しいと思いますが、会社員のように「定時」というものがありません。

なので、時間の融通を利かせられる範囲が広いと言えます。

ただし、待ってるだけでは、商品であれ能力であれ、買ってくれる人が現れることはありません。。

なので、「営業」をしかけるのです。

在宅ワーカーは、企業へ売り込みに出向くことは難しいですよね。

そんな時は、インターネットを使うのです。

ホームページを作る、ブログを毎日更新して露出を上げるなど、在宅でできる事はたくさんあるんです。

メイクやおしゃれが好きな私の知り合いは、雑誌の読者モデルやアンケートの協力に応募しまくり、今はある主婦向け雑誌に親子で出たり座談会に参加したりしています。

また別の友人は、手作りが好きで手先が器用なせいか、近所のフリマや知り合いのお店に手作りのグッズを出品していました。

作品の一つであるバッグを私ももらったことがありますが、ほとんどプロ並みの仕上がりでしたよ。

こんな得意技が何かあれば、それを武器に、ネット上で営業することだってできますし、いろんなサイトにアピールすることだって可能、ネットショップで自分のビジネスをスタートするという手もありますね。

❖ 在宅ワークのデメリットと対策

なんだかワクワクしてきそうな在宅ワークですが、デメリットがないわけではありません。

これらのことも念頭において活動したほうが良いですね。

◆ 仕事の倍率が高い=低単価  

仕事はたくさん掲載されていると書きましたが、実はこういった在宅ワークを求める主婦の方が非常に多いということも現実。

つまり、競争率が高いので、どうしても仕事単価が低くなってしまうのです。

慣れてくれば、どんな仕事でも生産性は上がりますが、決して楽とは言えないでしょう。

資格なんてなくても、たとえば特殊技能や経験があれば別ですが、そうでない場合は、生産性が上がるまでは辛抱です。

◆ プライベートとの区別をつけにくい  

これは、在宅ワークの「あるある」ですね、まさに。

私自身、会社員であるものの自宅でインターネット経由で仕事をすることが多いのです。

そうすると、どこからどこまでが仕事時間なんだか、よくわからなくなってきます。

それに、パソコンを使いますので、プライベートで遊んでても急に仕事のメールに気づいてしまって、いつの間にか仕事モードになっていたり。

なので、自分で時間管理をきちんとしないと、気づいたら真夜中!なんてこともあるのでご注意です!

次の朝がつらくなります w

◆ しょせんはパート・アルバイト?  

在宅ワークには幅広いお仕事があることはお分かりいただけたと思いますが、多くのお仕事は単価×仕事量で決まります。

これは、働き続けなければいけないということを意味しますので、風邪を引いたりしたら、収入にダイレクトに影響を与えてしまいます。

会社員は有給休暇とか病気休暇などがありますが、そうはいきませんね。

ただし、自分のビジネスとして立ち上げた場合、その種類によっては必ずしもそうではありません。

自分で開店するネットショップなどは製品の準備(生産)→受注→出荷という作業サイクルはありますが、アフィリエイトだったらどうでしょうか?

商材の広告が有効であり続ける限り、収益チャンスが継続します。

先ほど「自分から営業をしかける」というお話をしましたが、さらに一歩踏み込んで、開設したブログに商材リンクを張り付ければ、立派なアフィリエイターになれます。

つまり、自分が得意な分野の記事で人を集め、そのリンクをクリックしてもらうということです。

この方法について次の章で掘り下げてみましょう。

❖ ネットビジネスに挑戦!

ネットビジネスとは、インターネットを使って仮想的に行うビジネスのことです。

仮想的というのは、実際に店舗や事務所を用意するのではなく、インターネット上でネットショップやブログ等を使って行うビジネスのことです。

インターネット経由で、自分が運営するサイト(ホームページ、ブログなど)に読者を集め、その人たちが自分が用意した商材のリンクをクリックしてもらえるように仕向けるという方法です。

これには大きく分けて二つの方法があります。

◆ アフィリエイト  

先ほど触れましたが、アフィリエイトという方法がもっともポピュラーですね。

これは、たとえばブログを立ち上げて、記事を更新することで読者を集め、商材をクリックしてもらう方法です。

商材はASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)から提供を受けることができます。

こちらなどが、日本でもっとも大きいASPの一つです。

自分の得意な分野の記事を載せ、アクセスしてくれた人が自然にクリックしてもらうような商材の張り付け方をする方法と、サイト自体を商品の紹介サイト(例:「現役の子育て奮闘ママが勧める赤ちゃん用品サイト」)にして、商品の紹介とともにリンクを貼る方法があります。

どちらでもよいでしょう。

但し難点は、商材がASPに依存すること。

ASPは多くの企業と広告代行の契約を持っていますが、オーナーである契約先の企業が広告を打ち切ってしまったら、そのリンクも役に立たなくなるということです。

「リンク切れ」が多数発生すると、まるで廃墟のようなサイトになってしまいますので、常にメンテナンスが必要です。

その点はちょっと面倒ですね。

◆ リファーラルマーケティング  

アフィリエイトに似ていますが、異なる点は、ASPを利用するのではなく、企業と直接契約を結ぶ方法です。

リファーラルとは紹介とか紹介者の意味で、製造元企業からの委託によって、ブログなどのサイトにリンクを貼る方法なのです。

その企業は、リファーラルマーケティングで販売網を拡大していますので、その企業が倒産しない限り、リンクが切れることはありません。

何を意味しているかというと、不労所得を作れるということなんです。

いま頑張ることで、将来、働かなくても得られる収入源を構築するのです。

こうすることで、たとえ風邪をひいて寝込んでも、パートやアルバイトのように、収入が途絶えることがありません。

ハワイに2週間くらい旅行へ行っても、寝ていても、サイトが24時間ビジネスをしてくれます。

難点は、最初に努力が必要なこと(ブログの記事投稿)と、まだノウハウが確立されていないことでしょうか。

紹介サイトもまだ非常に少ないですが、こちらなどはマニュアルなどが揃っている良い例でしょう。

リスクもノルマもありませんので、主婦の間で広まっているワケがわかる気がします。

❖ 成功チャンス一杯の在宅ワーク

さて、どうでしたか?

つまるところ、資格なんてあまり関係ないということです。

資格を使った在宅ワークこそ、しょせんは労働収入型ですから、それよりも思い切って自分のビジネスとして初めてみませんか?

ご主人に黙って成功して「来年の夏休みはハワイに行こ!」なんて言ってみたらカッコいいですね~!!

驚愕!在宅で成功可能なネットビジネス

在宅で成功