目指せ将来の不労所得!50代からの挑戦が最後のチャンス!

50代必見】今しかない!不労所得を得る手段とは?

なぜ、会社員が50代から取り組んで自由で豊かな生活を実現できたのか?

もしあなたが既に50歳を過ぎているなら、それは将来の不労所得を真剣に考える時が来ています。

50代といえば、還暦まであと10年以内、そのあと65歳の定年がすぐにやってきます。

悠々自適な老後生活を過ごしたいと思うのは私だけではないと思います。

そんな安泰な第二の人生を実現するのは、なんといっても年金収入でしょう。

そろそろ、ご自分がどれくらいの年金を受け取れるか、興味が湧いてきたころだと思いますが、あなたはそれをチェックしたことはありますか?

はい、驚きの金額に愕然とするでしょう。

多いからではありません、あまりにも少ないからです。

あなたの将来は大丈夫ですか?

なぜ今、サイドビジネスなのか?

50代といえば、社会人としてもっとも脂の乗った時期でしょう。

会社ではそれなりのポジションに就き、サラリーマンの場合は最も年収が多くなる時期です。

子供も育ち、経済的にも潤って、第二の人生を楽しむ余裕が出てきました。

「さて、夫婦で世界一周でもしようか」
「グルメ三昧の旅もいいね」
「悠々自適の年金生活が待ってるね」

そんな会話が聞こえてきそうです。

でも、ちょっと待ってください。

あなたが当てにしている年金って、いくら受け取れるかを確認したことはありますか?

そして、その年金で世界一周旅行やグルメ三昧の生活は実現できるのでしょうか?

ぜひ一度、こちらのサイトで、ご自身の年金額をシミュレーションしてみてください。

凄い金額にびっくりします。

そう、あまりに少ないからです。

生活が成り立ちません。

詳しくはこちらの記事もご覧くださいね。

そうなんです、なので、別の手を打っておく必要があるのです。

これが現代人の将来像の現実なんです。

つまり、今から準備しなければ、とても貧しい年金生活を余儀なくされるのです。

そして、50代こそが、もっともその準備をしやすい時期なのです。

十分な収入、手がかからなくなった子供たち、会社の仕事も熟練して自分でコントロールできるようになりました。

少しでも会社の仕事を早く切り上げ、出来た時間で将来の備えをしなければなりません。

貴方だけのためではないのです。

愛する奥様の生活もかかっています。

さて、どうしたらよいのでしょうか?

50代に向いているサイドビジネスとは

50代の社会人ともなれば、まさに働き盛り。

本業を犠牲にすることなく、限られた時間を有効に使ってできることが良いでしょう。

そして、ひとつ重要な点があります。

それは、不労所得に繋がるサイドビジネスを選ぶことです。

不労所得とは、労働をしないで得られる収入のこと。

将来これを得るために、いま頑張るのです。

だから、サイドビジネスなんです。

まだ本業を辞めてはいけません。

本業で得られる収入で生活しながら、将来の収入づくりのためにサイドビジネスをするのですよ。

早まらないでくださいね!

いまはまだ頑張ることができますが、65歳を過ぎて年金受給年齢に達したら、さすがに今のように働くことは難しくなるでしょう。

だから、不労所得が必要なのです。

そもそも年金とは不労所得です。

「もう一つの年金収入」を今のうちに作りましょう!

さて、50代にはどんな選択肢が考えられるでしょうか?

◆ 株式投資、FXなどの投資活動  

不労所得の代表例の一つですね。

これなら、本業を犠牲にすることなくできそうです。

株の購入資金などの初期投資がある程度必要ですが、収入的にゆとりがある50代なら、そんなに難しくはないでしょう。

メリット

何と言っても、「労働」をする必要がありません。

それに会社にバレても、資産運用の一環といえば済みます。

そして、当たれば予想外の収益を上げることができます。

デメリット

将来上がる株を見極めるのが至難の業です。

FXであれば、レバレッジをかけすぎるとリスクを生んでしまいます。

いずれも、うまく行かなかった場合は初期投資したお金が戻る保証がありません。

それに、継続的な収入とはなりえない点もデメリットでしょう。

◆ 印税収入、特許料を狙う  

たとえば、本を執筆することで、その本が売れたときの印税収入を狙う方法です。

もしあなたに文才があるなら、作家デビューを狙えるでしょう。

印税収入は、著作権に基づきます。

著作権は、著作者の死後50年まで継続されますので、あなたが生存している間はもちろん、もし奥様よりも先に他界しても、その後50年間は印税収入が発生します。

ですので、相続手続きをすることで、残された家族が印税収入を受け取ることができるのです。

まさに不労所得の代表格ですね。

メリット

何と言っても、自分が生きている間とその後50年間、本が売れ続ける限り得られる不労所得である点です。

作曲家にも同様のことが言えますね。

全国のカラオケボックスで歌われるたびに、印税収入が発生しています。

デメリット

本を自費出版する場合はそのための費用(50万~100万程度)がかかる点です。

しかしそれ以上に、「売れる本が書けるのか?」という、デメリットというよりそもそものハードルがある点でしょう。

ヒットしなかったら、徒労に終わることになりますね。

◆ ネットビジネス  

実は不労所得の代表格にこのネットビジネスを挙げる人が多いのです。

最大の理由は、ほぼ誰にでも可能であること。

インターネット環境とパソコンがあれば出来るわけで、最近のご家庭にはたいてい、インターネットに接続できるパソコンがありますので、これを使えば設備投資もいりません。

不労所得を得る目的に特化すれば、その手段はブログ執筆やアフィリエイトサイトの作成となりますが、いずれも少ない費用で実現可能なのです。

メリット

初期投資が少ないことが最大のメリットでしょう。

また、開始するためのハードルも非常に低く、無料ブログサイトを使えばそれこそほぼ無料でスタート出来てしまいます。

デメリット

これはメリットの裏返しなのですが、誰にでもチャレンジできるということは、競合がたくさん存在するということです。

そんな中で成功するためには、成功ノウハウに忠実に則り、SEO対策も万全に行うといった、ネットビジネス固有の対応が必要になります。

そして、成功ノウハウなんてそのへんに転がっているものではありません。

ブログにしても、文章力はある程度必要です。

忙しいビジネスマンが本当の自由を手に入れられる成功術

50代には何ができるのか?

不労所得を得るためのサイドビジネスになり得る例をいくつか挙げましたが、やはりもっともリスクが低く敷居が低いはネットビジネスでしょう。

ネットビジネスは、挑戦する人が多いだけに、統計データも豊富にあります。

しかし、これを分析して成功ノウハウを見極めた人や集団は限られます。

なので、成功ノウハウは入手が困難なのです。

では、いったい現代の50代諸氏は何をしたらよいのでしょうか。。

暗黒の貧困年金生活が迫ってきます。

何らかの手を打たないと、本当に手遅れになってしまいますね。

【必見】50代が自宅で不労所得を得られるサイドビジネス

明るい老後生活



Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする