不労所得はネットワークビジネスで作る!将来不安を抱える全ての人へ

必見!不労所得づくりを真剣に考える人へ朗報です

ネットワークビジネスの目的は不労所得づくり

こんにちは、Shuです。

ネットワークビジネスの真の目的とは?

それは、将来の不労所得を形成することです。

いまは働いて給料をもらって生活しているけれど、将来は何かをやって不労所得を得て、悠々自適な生活を実現したい、なんて思ってたりしませんか?

「いまの世の中は厳しいから」
「バブルの時代でもあるまいし無理でしょう」

いえ、方法はいくらでもあるのですよ。

ただ、選択して実行するということができていないだけです。

若いうちはハイリスクなビジネスにチャレンジするのも良いでしょう。

そして家庭を持ったら、リスクを最小限にした方法が良いと思います。

さて、あなたなら何をやりたいですか?

一攫千金はただの夢です

お金持ちになりたいと考える人が一度は考えること。

それは「一攫千金」ではないでしょうか?

何かを当てて、どーんと大金を獲得し、それで会社を辞めて優雅に過ごす。

なんてことを夢見たりしますよね。

宝くじが売れる理由はそれです。

パチンコ愛好家が多いのもそれが理由でしょう。

ここでちょっと面白い、確率についてみてみましょう。

  • パチンコで大当たりする確率 1/400
  • 裁判員に選ばれる確率 1/5,000
  • 交通事故で死ぬ確率 1/10,000
  • 乗った飛行機が墜落して死亡する確率 1/200,000
  • 落雷に会う確率 1/10,000,000
  • ジャンボ宝くじ1等に当たる確率 1/10,000,000

ここで、宝くじ1等に当たる確率は、なんと落雷に会う確率と同じだそうです。

雷が自分に落ちた経験のある方はいますか?

あ、だったら既に生きてませんね(笑)。

別の例え方をすると、

100kgの米の中からある1粒の米粒を探し出すのと同じくらいの確率
(出典:宝くじの当選確率はどのくらい? – 教えて!goo)

に等しいのだそうです。

「一攫千金」が実現できる確率の参考になるのではないでしょうか。

ネットワークビジネスは一攫千金ではありません

ネットワークビジネスに話を戻すと、一攫千金のような感動的な出来事はありません。

もっと地道な努力を続けることで結果が出るビジネスなんです。

でも、地道に築き上げるからこそ、将来の不労所得に繋がります。

一攫千金を望んでいる方には向いていません。

コツコツ積み上げる事で、将来その成果がググっと上向きになり、安定した不労所得になるのです。

「具体的にどんなことをすればいいの?」

現代のネットワークビジネスは、かつてのような、

  • 製品を使ってみてその良さを理解
  • 友達やご近所に製品の良さを伝えて小売り活動
  • 友達をビジネスへ勧誘

以前はこんなことを繰り返すことで、少しずつ自分の販売ネットワークを築き上げる活動をしていました。

でもここでいくつか難点があります。

小売りするには在庫が必要ですし、まとまった時間を作らないと小売り活動が出来ません。

友達を勧誘するにしても、中高年の方は「ネットワークビジネス」にかつての悪い印象を持っている方が多いので、なかなかうまく行かず、途中で嫌になってしまいます。

実際にやったことがある方は実感されていると思いますが、常にモチベーションを維持して続けることが本当に難しいのです。

でも、現代のネットワークビジネスは大きく変化しました。

まず、法規制によって、かつての違法なやり方はすっかり影を潜め、本来の健全なマーケティングシステムになっています。

そして、もっとも重要な点はインターネットの普及です。

このインターネットが、ネットワークビジネスの在り方を大きく変化させることになりました。

小売り、在庫、勧誘 ・・・

もはやいずれも時代遅れ。

インターネットでネットワークビジネスとは、どういうことでしょうか。

リファーラルマーケティングの登場

「リファーラルマーケティング」とは、自分で在庫を持ったり小売りせず、製品に興味がある人を発掘して企業へ紹介することで、その人が製品を購入したら、紹介者であるあなたに報酬が支払われるという仕組みです。

つまり、本当の意味での直接販売であり、あなたは在庫を持つ必要はありません。

ただ、製品の良さを伝えるために愛用者となることは、他のビジネスと同様に必要です。

たとえば富士通の社員がNECなど他社のパソコンを仕事で使ったりしませんよね?

トヨタ自動車の社員はやはりトヨタ車に乗ります。

日清食品に勤める人が東洋水産のマルちゃん麺づくりを好んで食べるでしょうか(いたりして)。

それと同じです。

たとえば日清食品のカップヌードル愛食者であるあなたが、同じくカップヌードルを食べたい人を日清食品に紹介したら、その人の購入によって日清食品から報酬がうけとれるようなものです。
※ あくまで例えです

そしてこの紹介を、あるものを使ってインターネット上で行うのです。

友達が対象だと、せいぜい100人くらいまででしょう。

インターネットユーザーは日本だけで1億人を超えています。

この1億人を対象に、マーケティングを仕掛けるのです!

何を使って仕掛けるのでしょうか?

今ではとても身近な方法で出来ます

皆さんはフェイスブックやツィッターのアカウントをお持ちでしょうか?

そして、ブログを書いたことはありますか?

これらすべて、リファーラルマーケティングで使えるのです。

特にブログは方法論がある程度確立していますので、ノウハウされあれば、あとは自分の努力次第で集客できるようになるのです。

そう、誰にでも出来るんですね。

◆ 完全在宅で可能  

インターネットですから、パソコンさえあればどこでも出来てしまいます。

特に主婦の方は、家事や育児の合間を使ってコツコツやっている方が多いそうです。

ネットワークビジネスの成功者に女性が多い理由でしょう。

もちろん男性の方でも、仕事から帰って寝る前にやるとか、会社の昼休みを使うとかも、工夫次第で可能でしょう。

外出先のスタバなんかでも十分できます。

最近ではコンセント付きの座席がある店舗が増えていますので、バッテリーを心配せずにコーヒーを片手にビジネスできちゃいます。

ちょっとおしゃれですね。

◆ 在庫費用がかからない  

前にも書きましたが、このビジネスは在庫を持ちませんので、在庫品を購入する必要がありません。

自分が愛用する分だけ購入すればいいのです。

商品を保管するスペースも不要です。

賞味期限(ものによりますが)を気にする必要もありません。

在庫不要ということは、売れ残りリスクがないということです。

消費者は直接企業から購入するためですね。

◆ 小売りや勧誘をしない  

小売りや勧誘といった、外を歩き回る作業はありません。

でも、ネットワークビジネスですから、販売ネットワークを構築するために勧誘行為は必要です。

じゃ、どうやって?

それが、ブログの活用なのです。

インターネットが、ブログでマーケティングをすることを可能にしたんです。

だから、あなたが行うことは、自宅(でもどこでもOK)でブログを書くことです。

「それなら私にもできそう」

元シンクロ選手の小谷実可子さんの言葉に、

「これならできる」と思った仕事やチャンスを、コツコツ自分のものにしていく。するとそれが絶対に、夢に繋がっていくんです。そんな人生のルールを感じることが良くあります。

これならできると感じたら、それは、続けることによって結果に結び付くということですね。

必見!現代はインターネット型のネットワークビジネスが主流

あなたは日々の暮らしに満足していますか?

何かを変えたい、そう思ったら、今まで通りのことをしていてはダメです。

いま行っていることが、いまのあなたの生活を実現しているわけですから、違う自分になりたければ、何か違うことをしましょう。

これは人生すべてに言えること。

ビジネスの世界では「変化」とよく言います。

常に外的環境の変化(トレンドの変化、テクノロジーの変化、ライバル企業の参入など)に素早く適応することが求められるからです。

我々の生活もかなり変化しましたよね?

携帯電話の普及、インターネット、クルマの自動運転化など。

人生も同じですね。

でも自分の人生ですから、変化しようとしたら自分で行動を起こさないといけません。

だれも代わりにやってはくれませんから。

現代のネットワークビジネスを見直すのはとてもよいきっかけだと思います。

努力次第で、人生や生活を変えることができるのですから。

今どきのネットワークビジネス攻略法とは?

簡単に表現すると、

成功ノウハウ + 決断 + 努力 = 成功

とってもシンプルですね。

決断とは、「私はやる」と決めること。

努力とは、「決してあきらめないで継続する」こと。

あとは「成功ノウハウ」です。

成功ノウハウとは、遠回りせずに成功にたどり着くための経験値のことです。

ネットワークビジネスの良い点は、この成功ノウハウの出し惜しみをしないことではないでしょうか。

なぜなら、あなたが成功することが、あなたを紹介した人の報酬にもつながるのですから、何でも教えてもらえるわけです。

そんなビジネス、他にはありません。

ノウハウは極秘情報ですから

あとは、その「成功ノウハウ」に出会うきっかけを得ることです。

まずはこちらでチェックしましょう。

成功ノウハウ付きネットワークビジネスをご紹介します



Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2017