必見!定年後は生活できないと嘆く前に

【限定公開】会社員がネットで不労所得を実現できた理由

なぜ、あの人はリタイアしたのに毎年ハワイへ行けるのでしょうか?

そんな人、まわりに一人くらいいませんか?

その人は間違いなく、豊かな収入源と蓄え(資産)がある人でしょう。

現役のころ努力して築いたに違いありません。

一方で、会社の仕事以外なにもしない現役が増えています。

リタイアするとどんな生活が待っているのでしょうか。

会社員の定年後の収入では生活できないとは

定年を迎えてリタイアしたら、どのような生活が待っていると思いますか。

まさか「悠々自適で自由な生活」を夢見てはいませんよね?

今どきそんな第二の人生は夢のまた夢です。

なぜでしょうか?

老後の生活費はいくら必要?

公益財団法人生命保険文化センターの調べによると、なんと81.4%の現役世代の方が「公的年金だけでは不十分」と答えたそうです。

同調査によると、夫婦二人がリタイア後に必要な生活費は月22万円とのこと。

これは最低限の費用で、『旅行やレジャー』『趣味や教養』『日常生活費の充実』を実現しようとすると、月34.9万円が必要となります。

一方で、日本人の寿命を考えると、2015年時点では、女性87.05歳、男性80.79歳。

私たち現役世代がこの年になるころ、きっと90歳に到達していることでしょう。

65歳でリタイア、90歳まで生きたとすると25年分の生活費が必要です。

34.9万円 × 12カ月 × 25年 = 1億470万円!

これが、セカンドライフを実現するために必要なお金です。

年金はいくらもらえるのか?

リタイア後の主な収入源は年金ですね。

会社員の場合、厚生年金+国民年金がもらえます。

標準的なモデル世帯の場合、2016年時点での受け取れる総額は月221,504円。

でもちょっと待ってください!

確か、必要生活費は34.9万円でした。

ということは、34.9万 - 22万 = 12.9万円の赤字です。

25年間生活したとすると、なんと3870万円が必要という計算です。

つまり、現役時代に約4000万円の貯蓄をするか、月13万円以上の副収入が得られないと、十分な生活はできない、ということになります。

なんという現実でしょうか。。

目の前が暗くなりますね。

インフレの恐怖

これまでの計算は、あくまで現時点を想定した内容です。

将来、インフレによる物価上昇を考慮していません。

2017年12月の前年同月比は1.0%でした。

もしあなたがいま55歳だとして、定年まで10年だとします。

毎年1.0%の物価上昇が発生すると、10年後の物価は現在よりも約10.5%上昇します。

そして25年間生きたとしたら、その時点で現在より約41.7%上昇する計算です。

単純平均をとると26.1%、先ほどの約4000万円に対してプラス1044万円ですから、5000万円の貯蓄が必要です。

定年までに5000万円の蓄えが可能でしょうか。

【必見】定年までに十分な副収入を確保する唯一の方法

いまの自分に何が出来るかを考える時です

このブログを読んでるあなたはラッキーです。

この恐るべき現実に気づくことが出来たはず。

もう残された時間はあまりありません。

今すぐに、将来に向けた行動を起こす必要があります。

さて、どんな対策が打てるでしょうか?

貯蓄を増やす

あなたが55歳だとすると、あと10年間です。

もし現在の貯蓄が1000万円だとしたら、あと4000万円何とかしなければいけません。

10年ですから、毎年400万円の貯蓄が必要です。

生活を切り詰め、副収入源を確保し、毎月およそ33万円ずつ貯蓄。

かなり厳しいですね。。

投資でお金を増やす

たとえば株式投資やFX投資。

特にFXはレバレッジが効きますので、チャンスは大いにあります。

しかし、その成功率がきわめて低いのも事実。

失敗したら元本は戻ってきません。

不動産投資で家賃収入を確保するという手もありますが、扱う案件の金額が大きいので、万が一不良債権となったら目も当てられませんね。

リスク覚悟で臨む必要があるでしょう。

起業する

一言に企業と言っても、さまざまな方法があります。

まず思い浮かべるのが、会社を起こしたり、店を開業すること。

定年がありませんので65歳を過ぎても営業を続けられますが、会社を辞めたら厚生年金が減ってしまいます。

そして、実はその成功率(たとえば10年後の生存率)が低いのも現実。

起業したものの、借金を抱えたまま倒産でもしたら、負債だけが手元に残ります。

家族を路頭に迷わせるリスクがありますね。

ネット起業する

もっとも低リスクな起業の方法がインターネットを活用した起業です。

ネットショップなどはインターネットを使うというだけで、お店を開業するのと一緒ですから、店舗を持つ必要はありませんが、商品の出荷や仕入れ、在庫確保などの業務が発生します。

しかし、アフィリエイトなど、紹介を中心としたビジネスなら、リスクは最小限に抑えられます。

そして、必要な資本はパソコンとインターネット環境です。

今では、リファーラルマーケティングなどの紹介のみのビジネスもインターネットで出来るようになりました。

これなら、出来そうではありませんか?

あなたにも出来る!低リスクなインターネット起業の秘訣

何もしないことがリスク

今の時代、会社の仕事だけをやっていることがリスクなのです。

会社の仕事は定年があります。

そして、定年を迎えたら給料はそこでストップ。

合計5000万円の借金生活がそこから始まります。

もはや生きていけません。

だから、今から、そう今日から、行動を起こす必要があります。

他人ごとではありません、あなたと家族の問題です。

今すぐ、対策に取り掛かりましょう!

会社員がインターネットで起業するとっておきの方法

Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする