アリックスに勧誘されたときの対処法

なぜ、アリックスに勧誘されると断りにくいのでしょうか?

非常に魅力的なアリックスのビジネスですが、一方でネットワークビジネスが嫌いな人にとっては、勧誘は迷惑ですよね。

誘ってくれた相手を傷つけることなく、上手に断るにはどうしたらよいでしょうか。

毎月2000人以上、計9万人が受講している伝説の無料セミナー!

アリックスとは??

アリックスに勧誘されて、どう対応したらよいか迷っているあなたへ。

アリックス(ARIIX)は2011年7月4日(アメリカ独立記念日)に米国ユタ州バウンティフルで設立されました。

その急成長ぶりと優れた製品により「モンスターMLM」と呼ばれています。

その製品ラインアップはとてもシンプル。

moa(モア)
34種類の厳選素材を配合したドリンク型サプリメント。
混合果実84%で液体フードの高密度な栄養成分が含まれています。

reviive(リヴィーブ)
ARIIXリヴィーブは髪の毛と肌の健康パーソナルケア製品。
オーガニックの天然素材のシャンプーやボディーソープです。

Puriiti(ピュリティー)
ポータブル浄水器。
高性能ポータブル・フィルタード・ウォーター・ボトルで、どんな場所の水でも、安全に飲むことができます。

特にポータブル浄水器は海外の軍隊にも採用されているほどの性能です。

これらの優れた製品を扱う会社ですから、急成長も理解できますね。

毎月2000人以上、計9万人が受講している伝説の無料セミナー!

もしアリックスに勧誘されたらどうしますか

ネットワークビジネスの方式を採用していることに抵抗を感じる人も少なくありません。

そんなとき、あなたの友達からアリックスを紹介されました。さあ、どうしますか? 友達からの誘いなのでやりますか? それとも何とかかんとか断りますか?

ノーと言うのは簡単だけど友達を傷つけることにはならないか、でも巻き込まれて嫌な思いをするのもいやだし、製品だけでも使ってみることにするか。でもそうすると間違いなく次はビジネスに誘われるだろうし。。。

いろいろなことが頭をよぎります。一瞬「もしかしたら成功出来たりして」なんてことを考えつつ、これはチャンスなのか、自分への脅威なのか。他の友達に知られたらどうしよう。会社にも言えないし、そうしたら勧誘活動も限られるし。。

友達や知り合いを1人も誘わなくてもビジネスができてしまう秘密とは?!

この際やってみる

どうせネットワークビジネスです。

どういうことかというと、ネットワークビジネスは低リスクで出来るから。

取扱製品も、高品質なのに大した価格ではありません。

だったら、試しにやってみるのも手です。

もし自分の感性や趣向にばっちり合ってしまって、グングン伸びてしまったら、それこそ不労所得長者になれるでしょう。

自分に合わなければ、やめればいいのです。

これが、ネットワークビジネスです。

なんにもしないで諦めるよりはマシじゃありませんか?

寝ている間にアクセスがあって朝起きたらダウンが出来てしまう方法!

丁重に辞退する

どうしてもやりたくない!

その場合は、せっかくですがお断りしましょう。

この場合、ぜったいにやってはいけない断り方があります。

× あいまいな断り方

相手のことを考えるあまり、「いまは忙しいからまた今度ね」「期末で他のことを考える余裕がないから」などという断り方をしてはいけません。

なぜなら、かならずまた誘われるからです。

「今が忙しい」のなら、忙しさが過ぎ去ってから誘えばいいと思われてしまいます。

× 説教、説得

あなたを誘った友達は、信念を持ってアリックスに取り組んでいます。

その人をネットワークビジネスから救いたいあまり(注:ネットワークビジネス自体は問題でもキケンでもありません)、まるで取りつかれた悪魔を振り払うかのような、否定的な説得をしてはいけません。

それは、その友達の意思を否定することになります。それこそ、友達を失ってしまう行為なのです。

アリックスの誘いを断りたければ、きっぱりと「私は興味がないので」とお断りしましょう。そして、「でも頑張って!成功できるように応援してるよ」と、相手の意思を尊重してあげてください。

これが、相手を傷つけることなく、その友達を失わない断り方です。

ネットワーク自体はなんの問題もないマーケティング戦略なので、そのこと自体を否定することなく、真面目に取り組んでいる友達をリスペクトすることが大切ですね。

ゆっくりと家族旅行をしている間に安定した報酬が振り込まれる方法!



Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする