【必見】定年後の生活におびえる50代がすべきこと

50代といえば定年後の生活が見え隠れする時期ですね。

50歳ならあと15年後、55歳なら10年後です。

そして、65歳でめでたく定年を迎え、周りからねぎらわれ、第二の人生へ突入です。

ところで近年、貧困老人が増えていることはご存知ですか?

そうならないための対策は?

バラ色の老後を実現するには?

退職後の年金不足を気にすることなく好きなだけお金を使える方法!

定年とは?

定年とは、主に会社員など、被雇用者の多くに訪れる人生の転機です。

「引退」とも言いますが、まあそれは気持ちの問題でしょう。

正確には、退官・退職する決まりになっている一定の年齢のことを指しており、労働基準法に記述され、多くの企業や団体に採用されています。

日本の場合は2025年から65歳までの雇用が義務化されるとのこと。

65歳定年延長義務化の経過措置

出典:「定年延長と再雇用」

一方で、年金の受給開始年齢は65歳からとなっています。

65歳まで働くことが出来れば、間髪入れずに収入源が年金にシフトできるのですが、65歳未満で引退すれば当然、その間は無収入になります。

知っておくべき定年後の生活

では、定年を迎えた後の生活はどのように変化するのでしょうか。

実はこれに対して不安を抱く人がとても多いのです。

あるアンケート調査では、全体の8割近くが将来の生活に不安を感じています。

出典:シニアガイド

この不安の根拠となるのが、定年後の経済的不安です。

現在のところ、十分な生活ができると言われる月30万円の必要生活費に対し、公的年金で支払われる金額は約22万円(モデル世帯)。

実は、「足りない」のです。

この足りない分を、65歳の定年になるまでに、預貯金を作るか、手に職をつけて65歳以降も働くか、などの選択が迫られます。

そう、50代はまさに定年後の生活が見えてきた世代であり、ゆえに危機感を強く感じているのですね。

毎月安定した報酬を確実に得るノウハウが手に入る方法とは?

貧困老人にならないために

では、貧困老人にならないためには何をすべきなのでしょうか。

それは、65歳以降の収支赤字を補うお金を用意することです。

生活費を極限にまで切り詰めるという方法もありますが、せっかく頑張って定年まで働いてきたのですから、多少のご褒美は欲しいところ。

ならば、十分な生活が出来る経済力を確保してしまいましょう!

いくらくらい必要か?

65歳から年金生活に入り、夫婦ふたりで90歳まで生きると仮に仮定しましょう。

すると、25年間を共に生きることになります。

上記の場合だと、月30万の生活費に対して年金収入が22万円ですから、毎月8万円の赤字です。

これを25年分補うためには、単純計算で2000万円が必要となります。

不意の出費や物価上昇を考えたら、3000万円は欲しいところですね。

と、いうことは、3000万円のお金があれば良いことになります。

以下の二つの方法をぜひ両方とも実施してくださいね!

1.預貯金

65歳までに、可能な限りの預貯金を用意しましょう。

現金でなくとも、容易に換金できるものならOKです。

3000万円以上を貯めることが出来れば、65歳以降も安泰の生活ですね。

仮にいま55歳、預金残高が1000万円だとすると、あと10年間で2000万円が必要という計算になりますが、年間200万円の貯金はちょっと大変かも。

2.収入源の確保 

預貯金で足りなければ、収入源を確保するしかありません。

でも、仮にあと1000万円足りないとしたら、年間40万円の現金収入があればよいことになります。

毎月4万円くらい稼ぐアルバイトのような仕事でも十分ですね。

しかし、いつまでもアルバイトを続けるのも不憫です。

そこで、不労所得を得る方法を考えましょう。

不動産投資、ネットワークビジネス、著作物の出版、作詞作曲など、いずれも不労所得を期待できる活動ですね。


大切なことは、早く行動に移すことです。

そして、65歳の時点で十分な結果が出るようにしなければいけません。

今からでも早すぎるということはありませんので、何かひとつでも良いので手をつけてみましょう!

[table id=1 /]

あなたの口コミ勧誘は間違っている!秘密の成功法を教えます!



Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする