スマホでできるおススメのビジネスを限定公開!

スマホでビジネス。

スマホが世に出てくるまでは、いわゆるケータイでビジネスをするなど考えられませんでした。

せいぜい、ケータイ用のゲームなどを開発するくらいで、当たれば大きいですが、ケータイそのものを使ってビジネスなど考えられなかったのです。

ところが、今ではスマホでビジネスが出来る時代になりました。

スマホをビジネスツールに使うには? そのメリットは? どうやって?

「スマホだけで大成功」は詐欺です。騙されないための必見情報!

スマホをビジネスで活用するとは?

スマホ(スマートフォン)は、ケータイ電話のハードウェアにコンピューターを搭載することで、パソコンのようなことが出来るようにした携帯端末です。

正確には、コンピュータそのものであり、そのアプリの一つに電話機能がある、と言ったほうが正しいでしょう。

つまり、すでに電話専用機ではなくなっているのです。

対してケータイとは、携帯可能な電話機のことですから、その目的は電話です。

スマホは、携帯コンピューターといってもいい機械なので、電話だけでなく、メール処理やスケジュール管理、インターネット検索、GPSによるナビゲーション、SNSの利用などなど、発想がそもそもケータイとは異なります。

ここが、ものすごいイノベーションなわけです。

なら、この素晴らしい機械を、ビジネスでお金を稼ぐために使ってもよいのではないでしょうか?

それは、スマホを使って、会社の仕事の一部を、電車や移動中にすることではありません。

自分のビジネスのために使うのです。

通勤時間を有効に使い、電車の中でお金稼ぎをするなんて、ワクワクしませんか?

副業解禁のワケ

「本業が忙しくてビジネスなんてとても・・・」

今では副業を解禁する企業が急激に増えています。つまりサラリーマンであっても自分のビジネスを、会社に在籍しながらやっても良い時代になりつつあるのです。

厚生労働省は、2017年10月より「柔軟な働き方に関する検討会」を開催し、12月には「副業・兼業の促進に関するガイドライン(案)」を提示しました。

これについて、企業側はこう言います。

  • 副業を認めることで、時間の有効活用や経済的余裕を持ちたいと考える従業員の満足度を上げたい
  • 本業に相乗効果のある副業を許可することで、従業員のスキルアップや、マーケティングなどの営業活動につなげたい
  • 終身雇用で従業員とその家族を企業が守り続けることが当たり前ではない時代であり、各自が次の道を拓けるようにしておきたい

背景には、厚生労働省のガイドラインに呼応するように企業側も対応することで、会社のPR効果やそれによる優秀な人材の確保、経済活性化などの理由もあります。

副業と本業を両立できるような人は非常に優秀な人材ですから、そういう人財を企業も採用したい訳です。

副業をしない人にもワケがある!

いまやトレンドにすらなりつつある「副業」ですが、これをしない派がいるのも事実。

いわゆる働き手側の事情というのが存在します。それは、

  1. 時間的余裕がない
  2. 体力がない
  3. ほかの仕事に生かせそうなスキルがない
  4. 今の仕事にやりがいがある
  5. 正社員として、今の収入に満足している

1と2は、各自で本業を工夫してもらうしかありませんね(笑)。

3を感じている方は、とてももったいないと思います。なぜなら、他の仕事に生かせるスキルがない、と、思い込んでしまっている場合があるからです。

4と5については、「頑張ってください!」としか言いようが・・・定年を迎えたら、リストラされたら、どうするんでしょう。。

今は仕事もお金の稼ぎ方も非常に多様化しています。

たとえば、最近の子供がなりたい職業の上位に「ユーチューバー」とかが入っているのはご存知ですか?

面白いと思う動画をスマホ(そう、今では子供でもスマホユーザーなのです!)で撮ってアップロードするだけで、もうユーチューバーの仲間入りです。

面白おかしい動画を面白半分に撮って、アップするだけですよ!?

子供にだってできるビジネスです。前述の1~3の人にも十分可能ですよね。

これこそ「スマホでビジネス」に通じてはいませんか?

スマホでビジネスの成功要因とは?

最近、スマホだけでビジネスが出来るという広告宣伝が増えています。

詐欺まがいは問題外ですが、本物の「スマホだけビジネス」には、必ずと言っていいほど、それを支えるバックアップが万全なのです。

サポート体制

参加者(そのビジネスを行う人)が、何も困ることなくスマホで可能な範囲の作業を行うことで収入に結び付く、それを可能にするサポート体制が必要です。

もちろん、サポートする側もそのビジネスへの参加者ですので、お互いにメリットを得るという構造になっていることが大前提です。

プロセスの整備

ビジネスは生き物ですから、集客活動や販売活動が各ステップでどんどん変化します。これに追従できる適切なプロセスがちゃんとできていることが大切です。

たとえば人の購買心理として、最初の気づきのステップと、購買を決意する直前では、その人の心理状態は全く異なります。これに適切に対応できるプロセスと手順がちゃんと整備されていることが必要で、これはどんな企業の営業活動にも存在することです。

参考:AIDMAモデル

システムの構築

あとは、これらのプロセスを回すことが出来るシステムが本当に存在することです。

スマホは、単なる端末機でしかありません。ですので、そのエコシステム全体をコントロールできるシステムが不可欠なのです。

おススメの「スマホでビジネス」とは

成功している「スマホでビジネス」とは、これらが適切に用意されメンテナンスされています。

「クリック〇つで大成功!」などという健全ビジネスは存在しません。

なのでそのバックアップが万全かどうかをきちんと見極めることで、本当の収入が得られる反面、この「見極め」を失敗すると、単なる詐欺に騙される結果になります。

本物の「スマホでビジネス」は、全体の1割くらいでしょうか。

一つだけ、私が本物と認識し、実際に参加して収益を得ているビジネスモデルをご紹介します。これ以外で、ここまで整備されたモデルを知りません。

ここまで読んでくださった方へのお礼に、こちらをご紹介しておきます。他言無用ですよ!

【必見】スマホで出来るおススメの本物ビジネスはこちらから

Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする