驚愕!定年後の収入は年金だけでは足りません

50代になると誰しも意識する「定年」。

悠々自適な第二の人生を夢見る人が多いでしょう。

しかし、本当にそんなにゆとりのある生活が待っているのでしょうか?

実は定年後の生活は年金だけでは足りないのです。

えっ・・・?

はい、それが現実なのです。

さて、どうしましょう??

退職後の年金不足を気にすることなく好きなだけお金を使える方法!

定年後の主な収入源は年金です

さて、年金といいますが、どんな年金があるのでしょうか?

  • 国民年金
  • 厚生年金
  • 企業年金
  • その他個人年金保険によるもの

企業年金は勤めていた企業に依存し、個人年金は加入していないともらえません。

主となる年金保険といえば、国民年金と厚生年金(公的年金)でしょう。

さて、その公的年金ですが、いったいいくらもらえるのでしょうか?

月額 約22万円 ・・・

モデル世帯における公的年金の2016年度における受給額です。

これは定年後の収入の平均としては、あまりに少ない金額でしょう。

これに対して、定年後に必要となる生活費は、およそ30万円と言われています。

すると、毎月8万円の赤字生活に陥るのです。

サラリーマンの場合、定年の直前がもっとも収入レベルが高いといわれます。

それが、65歳になると一気に、初任給と変わらない収入にまでダウンするのです。

「こんな収入じゃ生活できない!」

その通りです・・・

何とかならないのでしょうか。

定年後の収入の作り方

ならばいっそのこと、年金以外の収入の作り方を考えてはどうでしょうか。

金融投資、不動産投資、定年後も働く ・・・

一番大事なことは、何か行動を起こすことです。

新たな定年後の収入源を作るのですから、年金だけに頼らない生活を実現したいものです。

リスクとの兼ね合い

とはいえ、何でもいいというわけではありません。

何かを行うには、リスクの少ない方法をとるべきですね。

なぜなら、定年を迎えたらもう給料はストップするわけですから、失敗は許されません。

投資活動もよいですが、初期投資がかかりますし元本がなくなる可能性もあります。

不動産は将来の地下暴落リスクや、昨今の洪水などの被害も懸念されるところ。

失敗したら元も子もありません。

年金だけに頼らない定年後の収入づくり

今どきのヒントは、ネットでしょう。

ネットを使ったビジネスは、なんといってもローリスクであることがポイントです。

しかも、最小限の費用(パソコン、インターネット)でスタートできる点も、安心して始められる点ですね。

店舗を構えたり、商品を仕入れたりする必要もありません。もちろん、従業員を雇う必要もないのです。

今では、リファーラルマーケティングという、企業に顧客を紹介する「集客」だけのビジネスがあるんです。

これなら、在庫不要、小売り活動不要、ネットを使えば友達や親戚を巻き込む必要もなし。

まさに定年後の収入づくりに打ってつけではないでしょうか?

これでも手をこまねいているあなた! 将来が危ないかもしれませんよ!

毎月安定した報酬を確実に得るノウハウが手に入る方法とは?

Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする