経済力と趣味を両立できる定年後の実現法

週末は家族との団らんを楽しめて、自宅でゆっくり過ごせる方法とは?

50代必見!の記事です。

それは、定年後を最高のライフスタイルにする方法です!

皆さんはどんな定年後の生活をイメージされていますか?

男性なら、自分が生きてきた軌跡を振り返りながらも、趣味に明け暮れたい。

女性なら、夫の頑張りに感謝しつつ、自分の時間で趣味にいそしみたい。

それぞれ夢がありますね、ぜったいに実現しましょう!

定年後の生活に趣味と仕事は必要です

定年後というと、悠々自適の毎日を想像しがち。

そしてその原資に年金を期待していると思いますが、すでにご存じのように年金システムは破綻直前の状態です。

ですから、自分のペースでできる仕事を持ちつつ、十分な時間を確保して、そして趣味に打ち込むのです。

これまで、働きバチのように忙しく仕事してきた理由は、もちろん家族の為が第一ですが、定年後をゆとりをもって楽しむため、とも言えるでしょう。

ですから、十分な生活ができる年金以外の収入を確保し、現役よりもたくさんある自分の時間で、現役時代になかなか出来なかった趣味に没頭しましょう。

そのためにはもちろん、没頭できる趣味を見つけることも重要なんですね。

定年後はどんな仕事がいいか?

はっきり言って、現役と同じような、いわゆるフルタイムは避けるべきでしょう。

これでは忙しさが全く変わりません(笑)。

これまでの経験を生かした、アドバイザーのような仕事が良いのではないでしょうか。

せっかく経験を積んだのですから、今度はそれを放出することで収入に変えましょう。

あとは、その傍らでもう一つやっておくことがあります。

それは、年金のみに頼る年齢になった時のための、もう一つの年金収入の確保です。

俗に不労所得とも言われる、労働しなくても得られる収入源のことですね。

不動産経営、ネットビジネス、本の執筆などさまざまありますが、確実に収入につながりやすいのは不動産とネットビジネス/ネットワークビジネスです。

不動産は初期にかなりまとまった資金が必要なのと、出口戦略を立てること、将来の暴落リスクなどを覚悟しなければいけませんが。

定年後の趣味が思い浮かばない?

それは大変です(笑)。

趣味は、定年後の「仕事」みたいなものです。

現役のころ、会社の仕事に明け暮れていませんでしたか?

今度は、趣味に明け暮れる毎日を目指すのですよ。

あなたの人生の趣味が仕事ならそれはそれでよいでしょう。

何か、一生を通じて楽しめることを一つ、作りましょう!

平日の昼間からヨガ・ジムに通いゴルフ三昧できるビジネスとは?

Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする