【関係者必見】モリンダで注目の勧誘のやり方

モリンダは誰でも成功のチャンスが得られるネットワークビジネスとして有名ですね。

年齢、性別、学歴その他の影響を受けずに、誰もが努力するだけで、そしていつ始めても、平等な成功チャンスがあるのです。

モリンダで成功するためには、製品の愛用者になることと同時に、勧誘を繰り返してネットワークを広げることです。

では、モリンダで勧誘する効果的なやり方とは、どのような方法でしょうか。

友達を1人も失わずに周りから感謝尊敬させるノウハウプレゼント!

モリンダでうまく勧誘するやり方

友達を1人も勧誘することなく、ビジネスで成功するマル秘テクニック!

友達を誘う

モリンダで勧誘を行うやり方、その基本中の基本でもっとも重要なことは、「友達」の輪を使うことです。

モリンダのビジネスはとても魅力的ですが、それを伝えなければ「モリンダの仲間」を増やすことは出来ません。

こんな方法を教わりませんでしたか?

  1. 友達100人リストを作る
  2. 上から順に電話して会う約束をする
  3. 会って製品の良さ、ビジネスの魅力を伝えて勧誘する

でも、これには問題が一つあります。

何人のお友達がいますか?

一般人なら、せいぜい100人くらいではないでしょうか。

いきなりの電話に、何も警戒せずに会ってくれる人に絞れば、その半分くらいでしょうか。

つまり、上限があるということです。

それに、ネットワークビジネスということ自体、あまり印象が良くありませんので、相手もあなたの口調からピンときて、勧誘されるのでは?と断られてしまうことも少なくありません。

それでも会ってくれる人は、本当のお友達ですね。

友達を勧誘しないやり方

今も、お友達を勧誘してモリンダのネットワーク拡大に励む人はたくさんいます。

でも、最大でも100人くらいのお友達すべてに声をかけ終わったら、そこからどうしたらよいのでしょうか?

そして、あなたのお友達が必ずしもモリンダに興味があるとは限りません。

モリンダに興味がある人だけを集めたいのですが、どうしたらいいでしょう。

ターゲットを絞り、広く伝達する

それは、あなたのお友達を勧誘するやり方ではなく、モリンダに興味がある人だけを対象に、マーケティングを仕掛ければいいのです。

あなたのお友達がモリンダに興味がある人かどうかは、もはや問題ではありません。

それは、お友達ではなく、インターネットの向こうにいる、潜在的にモリンダに興味がある人たちに対して、マーケティングを展開するのです。

インターネットでダウンを作れる方法が分かる方法を教えます!

その具体的な方法

それは、誰もが実行可能で再現性のある方法でなければいけません。

インターネットは、世界中の人(一部を除く)に対して、平等に、コミュニケーションの場を提供するシステムですから、これを利用しない手はないのです。

しかも、その利用者は日本だけで1億人を突破しています。

この1億人に対してアプローチをするのです。

具体的な方法をここで書きだすとえらく長くなりますので、こちらのサイトを用意しました。

無料サイトなのでご安心ください。まずは「知る」ところから始めましょう。

↓ ↓ ↓

Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2019

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする