モリンダで成功したければ勧誘のコツを知りましょう

ネットワークで成功する秘訣は勧誘のコツであることは知られています。

勧誘がうまくいけば、モリンダは成功したも同然ですね。

でも、ここでつまづいて、うまくいかずに落ち込んだり、モリンダをあきらめてしまう人がとても多いのです。

でも、コツさえつかんでしまえばカンタンです!

それも「誰も勧誘しない勧誘のコツ」があったらどうですか?

会社の後輩だった彼が週末を海外リゾートで過ごせるようになったワケ

勧誘のコツがモリンダ成功のカギ

では、勧誘しないで勧誘するとは一体どういうことでしょうか。

通常、モリンダで成功しようとしたら、このような手順で友達を勧誘していませんか?

  1. 友達100人リストを作る
  2. 勧誘のためのトークマニュアルを渡される
  3. リストの上から順に電話をして会う約束を取り付ける
  4. アップの人と相手に会い、ビジネスを説明する

そして、最終的にサインをもらえれば勧誘成功です。

でもちょっと待って!

いくつか問題がありませんか?

相手の警戒心とビジネスへの興味

相手は、突然かかってきた電話にはふつう、警戒心を抱くものです。

それがたとえ友達のあなたであっても、「あれ、いつもと違うな」と敏感に感じ取ってしまうのです。

電話をするあなたも、「モリンダの勧誘と悟られないか」とドキドキするはず。

そういう気持ちが、声や口調に表れてしまうのです。

ビジネスに興味があるとは限らない

運良く、その友達があなたに会ってくれたとします。

一緒に連れて行ったアップの人ともうまく打ち解けてくれたとしましょう。

でも、その友達が、モリンダに興味を持ってくれるかどうかは、まったくわかりませんよね。

「友達だから」と、一緒にやると決めてくれた友達がいたとしても、そもそも興味がなければこちらの思うような動きはしてくれません。

いらだちが募り、つい強い口調で行動を促したりしたら、その友達はきっと辞めてしまうでしょう。

そんなやり方を、いつまで続けるのですか?

会社の後輩だった彼が週末を海外リゾートで過ごせるようになったワケ

友達を勧誘しないで勧誘するコツ

これまでのやり方は、ある意味正統派ですが、既に古いやり方と言わざるを得ません。

では、今どきの勧誘のコツとはどんなやり方があるのでしょうか。

ターゲットマーケティング

これは、ビジネスの対象となる人(お客様やビジネスのパートナー)を限定し、そこだけをターゲットにマーケティングをする方法のことです。

現代では、この考え方を応用します。

つまり、モリンダに興味がある人だけに向かって、マーケティングを仕掛けるのです。

具体的にどのようにするのでしょうか?

使う道具は、

  • インターネット
  • パソコン・タブレット
  • スマホ
  • SNS

これらを使って、あなたの友達ではない、モリンダに興味がある人だけを集めるのです。

既に具体的で実績ある方法論が、コツとして整理されているのです。

こちらから、その具体的な方法を知って、試してみてはいかがですか?

Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2019

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする