ハーバライフの勧誘の特徴が分かる記事まとめ

ハーバライフといえば有名なネットワークビジネスのブランドです。

製品の愛用者を勧誘してビジネスを拡大するという特徴がありますね。

製品は、自分で愛用しても良いし、友達に良さを広めて小売りしても良いのですが、ビジネスとして拡大するなら、友達を勧誘することが重要な活動となります。

ハーバライフでの勧誘はどんな特徴がある? どんな方法? 成功するには? についてまとめてみました。

ハーバライフの勧誘で成功したい方は要チェックです!

あなたの口コミ勧誘は間違っている!秘密の成功法を教えます!

ハーバライフの勧誘方法とは?

ハーバライフの会員は、自分のマーケットを拡大するために、友達を勧誘してハーバライフの輪を広げるという特徴があります。

その定番の方法とは、以下の手順です(要チェック!)

  • 友達を100人リストアップ
  • 上から順に電話をかける
  • マニュアルに沿って会う約束を取り付ける

会う場所は、あまり騒がしいところではなく、かつ静かすぎて周りに会話が筒抜けにならない程度の落ち着いたカフェなどが良いでしょう。

そして、約束の日時に、5分ほど遅れて到着するようにします。前もって待っていると「さあ待ってました!」というような印象を与えてしまい、相手が構えてしまいます。

そして席に着いたら、ごく自然に「急に呼び出したりしてごめんね、ちょっと残業(ごく自然の理由)で遅くなっちゃった」などとわざとらしくないように明るくお詫びします。

ここで注意がありますが、お友達を誘う際には、予め何の話をするかを伝えておきます。これを行わないと特定商取引法に違反してしまいますので注意しましょうね。

  • お気に入りの製品をサンプルとして見せてあげる
  • 使った体験談を楽しく話す
  • そして、収入につながる方法を丁寧に説明する

大抵は「へえ、そうなの?」と聞いてくるでしょう。

中にはネットワークビジネスに警戒心を抱いている人がいると思いますが、ネットワークビジネス自体はれっきとしたマーケティング手法ですから、「全く問題のない方法なので安心して取り組める」ことをきちんと話してあげましょう。

ハーバライフの勧誘で失敗しないために

ハーバライフでの成功は、勧誘の是非にかかっているといっても過言ではありません。

製品の小売りに専業で徹するならまだしも、それだと月100万円の利益を得るためにはだいたい300万円分の製品を毎月売り歩く必要がありますね。

それよりも、チームプレーでマーケティングを展開するほうがはるかに合理的ですし、毎日売り歩くことなく最終的には不労所得化することが出来ます。

では、ハーバライフの勧誘で失敗しないためには、どうしたらよいのでしょうか?

ハーバライフのマーケティングプランを正しく理解する

ハーバライフのマーケティングプランは、今でも一部の人が思っているような怪しい仕組みでも何でもありません。

ある意味、何も変哲のない「マルチレベルマーケティング*」なのです。

* マルチレベルマーケティングについてはこちら

日本語で「連鎖販売取引」と言いますが、法律で禁止されているのは「無限連鎖講」という決してビジネスとは言えない違法行為のことであり、似ているがために誤解をされる方が多いのは現実です。

この点をまず正しく理解しましょう。

ハーバライフのマーケティングプランに自信を持つ

何も問題のない、何の変哲もないマーケティングを行っているだけなので、何も問題はないのです。なので、自信を持って、胸を張ってビジネスを行いましょう。

もしあなたに不安や自信のない立ち居振る舞いがあれば、相手はそれを敏感に察知してしまい、正しく理解してくれないかもしれません。

「無限連鎖講」はマルチレベルマーケティングを違法に解釈し、楽に儲けようと考えた一部の人が行ったことで生まれたものです。ですので、ハーバライフのビジネスを進めるうえで、ルールをきちんと守っていれば、なにも問題はありません。

自信を持って、お友達に進めましょう。

ハーバライフの勧誘は効果的か?

今やインターネットや携帯電話が一般化して、「会う」ことをしなくてもいつでも会話やコミュニケーションが出来る時代です。

そんな21世紀において、「実際に会って」勧誘を行うハーバライフの方式は、ある意味古典的なやり方となっています。

ハーバライフの勧誘のメリット

直接会うことで、製品を手にしてもらうことが出来ます。これはインターネット越しではできないことでしょう。

そして、相手ときちんと向き合って説明することで、相手もちゃんと聞いてくれ、相手の反応も良く分かるので、相手に合わせた話し方をすることも容易です。

ハーバライフの勧誘のデメリット

なんといっても、相手が友達ですから、

  • 人数には限りがある
  • 悪い印象を与えてしまうと友情に傷が入る可能性
  • 悪い印象が友達から友達へ伝搬する可能性

良いことばかりではありませんね。

ハーバライフの勧誘の特徴は古典的?

現代では、インターネットの良い特徴を最大限に生かしたマーケティングの方法が確立しています。

相手は友達ではなく(友達でもOK)、あなたが紹介したい製品やビジネスに興味を持つ人だけを相手にマーケティングを行う手法です。

それも、日本だけでも1億人を超えるインターネットユーザーを相手に展開するのです。

これなら、興味がある人「だけ」を惹きつけるので、無駄がありません。

これからはそういう方法が主流になる時代なのかもしれませんね。

インターネットでダウンを作れる方法が分かる方法を教えます!

Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2019