定年後の収入の平均と生活を豊かにする方法

定年後の平均収入ではとても生活できない現実を変える方法

いま、あなたは第二の人生への帰路に立たされています。

なぜなら、定年後の平均的な収入では、とてもまともな生活は出来ないことが分かっているため、そのまま貧しい未来を選択するのか、それともいま対処して豊かで悠々自適の未来を進むのか、の選択が必要なのです。

「分かっているけど、どうしたらよいかわからない」

でも決断と行動開始は「いま」必要です。

定年後の収入の平均について掘り下げてみましょう。

定年とは?

素朴な質問ですが、定年とは、何でしょうか?

定年とは、日本の会社が「あなたが正規社員として働けるのは60歳までですよ」と勝手に決めたルールのことです。

日本の法律上は、60歳未満の定年は禁止、かつ希望者は65歳まで雇用することが義務化されましたが、「定年を設定しなければいけない」という法律はありません。

ですから100%、日本の会社の都合なのですが、アメリカやオーストラリア、イギリスなどには定年はありません。

若い世代の育成・活躍を期待し、日本の経済へより貢献する云々は日本企業が適当に考えた言い分で(笑)、もしそうなら他国を批判するような話ですね。

若い人は伸びしろがありますが一方でまだ経験や能力、ナレッジ、人的ネットワーク等が足りません。一方でベテラン社員はこれらのいずれも高いレベルで有しているため、実は両者のバランスが重要であり、その相互作用と相乗効果で組織が強くなるのです(本来は)。

定年後の収入の平均その現実

日本はいま超高齢化社会ですから、なおさら高齢者の雇用問題は重要です。まだまだ元気な60歳がいきなり定年を言い渡され収入激減、というのは理にかなっていません。

では、定年後の収入の平均はどれくらいなのでしょうか?

定年直前の50代の平均年収は?

あくまで平均ですが、年代別の平均年収では50歳~55歳が最も高く、649万円となっています。つまり、この年代の平均収入は、定年を迎える直前の生活レベルを支える収入の額ということになります。

業種別にみると、

建設業:男性640万円 女性400万円

製造業:男性657万円 女性352万円

情報通信業:男性912万円 女704万円

運輸業・郵便業:男性480万円 女性336万円

卸売・小売業:男性704万円 女性384万円

金融・保険業:男性1024万円 女性510万円

学術研究・専門・技術サービス業:男性816万円 女性512万円

宿泊業・飲食サービス業:男性512万円 女性320万円

生活関連サービス業・娯楽業:男性560万円 女性368万円

教育、学習支援業:男性832万円 女性656万円

医療・福祉:男性768万円 女性432万円

その他:男性528万円 女性336万円

※ 出典:平均年収.jp

金融関係や技術系、情報通信(IT)系が高い傾向にあり、その最高は1000万円を越えます。

もちろん、その人の能力やポジションなどによって大きく変動することは言うまでもありません。外資系になれば、おおむねこの1.2倍~1.5倍というところでしょう。

60歳の定年後の平均年収は?

60歳になり、とうとう定年に達してしまいました。これからは継続雇用として働き続け、65歳の年金受給開始を待つばかりとなります。

さて、では60歳以降の給与の分布はどうなっているか見てみましょう。

※ 出典:平均年収.jp

これによると、月収12万円~35.9万円が全体のおよそ8割を占めており、特に16万円~25.9万円が突出、そのピークは20万円~21.9万円であることがわかります。

仮に25万円の月収だったとすると、年収にして300万円。。。

かつての初任給レベルではありませんか?

つまり、60歳を境に、年収約650万円の生活から一気に年収約300万円の生活になることを意味しています。

恐怖以外の何でもありませんね。

定年後の給料激減の恐怖を自ら取り除く方法は限られています!

公的年金の平均的な受給額は?

さて、65歳になり、待ちに待った年金の受給年齢に達しました。

公的年金とは、国民年金と厚生年金を合わせた年金を指し、その受給額は加入年数や現役時の平均月収で計算されますので、一様ではありません。

では、モデル世帯(夫婦二人、夫が平均的月収で40年間厚生年金保険を払い込み、妻は専業主婦)の場合の公的年金をチェックすると、

2018年度  221,277 円

※ 厚生労働省 発表値

単純に年収換算すると、約265.5万円となります。

65歳までの平均年収300万円よりも更に減ってしまうのです。

この時点ですでに65歳、ここから頑張れる人はそう多くありません。

しかも、もし頑張って働いたとした場合、受け取る給料の金額に応じて年金の受給額(上記)が減らされてしまうという「在職老齢年金制度」という悪魔のような制度が存在し、頑張るほど年金の額は減らされてしまう(またはゼロ)のです!

頑張らなくても地獄、頑張っても地獄、というのが日本の高齢者に突き付けられた現実ではないでしょうか。

豊かな老後を実現した人は何が違うか?

でも悲観しないでください。

定年や年金に関係なく、豊かな老後を実現している人がいると言うことを知っておいて損はありません。

それは例えば、

  • 既に手のかからない事業のオーナー
  • 不動産運営による家賃収入を得ている人
  • 金融投資で既に多額の資産を築いた人
  • 印税収入を確保した人

これらの人はいずれも、労働せずして得られる収入源を獲得した人たちです。

彼らは、定年や年金受給者になる前から、なんらかの行動と努力によって、自らの身を助ける収入源あるいは資産を確保済みの人たちばかりです。

言葉を変えると「権利所得」を持っている人たちで、これがあるということは、年金とは別にお金の出どころを持っており、これらは給与所得(労働所得)ではないために、前出の悪魔の法律は適用されません(年金も満額受給)。

年金と自らの収入源によって、かなりゆとりの生活が実現できています。

あなたはどちらを選択しますか?

気持ち的にはもちろん、権利所得プラス年金収入、の生活ではないでしょうか。

権利所得の中には、親からの相続など単に「運」が良かっただけの人も含まれますが、そのほとんどは何か行動して努力した結果として、これらの収入源や資産を築いた人たちばかりです。

とても重要なのは、出来るだけ早く行動を始めるということです。

いろいろ考えて時間を消費する人が非常に多いのですが、もしあなたが50代前後かそれ以上なら、迷っている暇はまったくないはずです。

「毎日の仕事が忙しくてなかなか。。」

50代はもっとも脂がのった時期ですので分かります。

しかし、もう時間がありませんので「何がもっとも重要か」を常に見極めるようにしなければいけません。

そして、手遅れにならないうちに、行動を開始することが、あなたの未来の生活を変えるということを忘れないでくださいね。

豊かな収入源と年金で悠々自適の老後を過ごすためのマニュアル

Digiprove sealThis blog post has been Digiproved © 2019